閉じる

会員登録(無料)

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト

ニュース×お金

Harmoney編集部Harmoney編集部

2014.06.23

【インフォグラフィック】どんな差がある?世界の消費税(付加価値税)と軽減税率

2014年4月より、日本は1997年に3%から5%へ引き上げられて以来、17年ぶりに消費税が8%へ引き上げとなります。「消費税が上がる前にあれを買っておかなきゃ!」なんて考えている方もいますよね。ところで「増税する」とは言いますが、日本の消費税は世界でも高い方なのでしょうか?
消費税率は、世界各国それぞれ違います。国によっては、ものによって税率が変わるものもあるとか……。一体どんな設定になっているのでしょうか。調査してみました!

世界の消費税と軽減税率
 

世界各国と比べてみると、日本の消費税は低いことがわかります。けれど、消費税の高い国には「軽減税率」を取り入れているところがあります。
「軽減税率」とは、食料品などの生活必需品と贅沢品を分け、生活必需品に別途低い税率を設定しているというもの。
例えばイタリアでは、21%の消費税(標準税率)に対して、家畜、食肉、ハムなどには10%の軽減税率を設定しています。
またカナダでは、ドーナッツを購入する時5個以下だとその場で食べる「贅沢品」に、6個以上で家に帰って食べる「食料品」となり、税率も変わります。フランスでは普通のチョコと板チョコで税率が異なっていたり。おもしろいですよね。
実は、日本でも2015年10月に予定されている消費税10%増税予定時に、軽減税率制度が導入されることが検討されています。日本ではいったいどのようなものに軽減税率が適用されるようになるのでしょうか。

いかがでしたか?「消費税」と「軽減税率」。海外でお買い物をされるときには、少し意識してみてはいかがでしょうか。

コメントを書く

 

利用規約プライバシーポリシーを確認し、同意の上で投稿してください。

お金に関するアンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!

会員登録(無料)

Harmoney.jpとは?