閉じる

会員登録(無料)

「お金」を学べる。「みんな」で体験できる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト

ニュース×お金

Harmoney編集部Harmoney編集部

2015.10.26

「プレミアム商品券」の購入方法を知りたかった人は7割!「気づいたら販売終了」「もっと宣伝してほしかった…」完売続出の「プレミアム商品券」への意見を聞きました!

「マネーゲームではない資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)」を提案する株式会社マネースクウェア・ジャパンは、企業メッセージである人とお金が響きあう資産運用“Harmoney”をコンセプトに運営するポータルサイト「Harmoney.jp」の会員を対象に、『プレミアム商品券に関するアンケート調査』を行いました。また、その調査結果をインフォグラフィックで公開しました。
マネースクウェア・ジャパン(略称:M2J URL:http://www.m2j.co.jp/ 本社:東京都港区 代表取締役社長:相葉 斉)

※“Harmoney”とは…人とお金が上手に付き合えば、きっとその人の人生に新しい可能性が生まれる、という考え方をこめて、お金(money)とハーモニー(Harmony)を合わせた造語です。
プレミアム商品券への意見を聞きました!

<調査概要>
  • ■調査タイトル :プレミアム商品券を知っていますか?
  • ■調査対象 :Harmoney.jp会員
  • ■調査期間 :2015年9月24日~10月14日
  • ■調査方法 :インターネットリサーチ
  • ■調査地域 :全国
  • ■有効回答数 :393サンプル

<調査サマリー>
1.「プレミアム商品券」を知っている人は88.5%、課題は販売方法等の周知か。
2.「高還元率」が魅力な一方、利便性や景気対策としての評価には疑問の声も。
3.使い道トップは「食料品」次いで「衣料品」と、生活費への利用を考える人が多数。
4.来年も続けてほしい人は6割近くなるも、その意義が問われる。WEBコンテンツでの訴求がカギ?

<インフォグラフィック>http://www.harmoney.jp/column/news/367
(※)インフォグラフィックとは、情報をビジュアルで表現することで分かりやすく内容を伝え、見る人に効率よく理解していただくための表現方法です。

1.「プレミアム商品券」を知っている人は88.5%、課題は販売方法等の周知か。

「プレミアム商品券」の認知度を調査したところ、名称の認知度は88.5%となりました。しかし、その内容について最も認知度が高かったのは、「各自治体で売り切れが続出した(369pt)」で全体の13.8%、制度の目的である「地方創生施策の一環で、緊急経済対策として導入された」や「プレミアムが付与される分は、国や地方公共団体(=税金)からまかなわれている」に関しては、約11%の認知度に留まりました。また、プレミアム商品券への意見として、周知方法に対する不満が多く挙がりました。

(以下、主な意見)
  • ■アピールが足りない(40代・男性)
  • ■いつどこで発行しているかがわからない。特定の人のみが恩恵を受けているように思えるので、情報の周知と販売の公平性を徹底してほしい(50代・男性)
  • ■気付いたら申込みの締め切りが終了していた。さほど周知されていない印象だった(40代・女性)


こうしたことが影響してか、発売時期や購入方法などを詳しく知りたいと回答した人は全体の約7割となり、情報収集手段としては「WEBコンテンツ(248pt)」が35.5%の支持を集め1位、次いで「テレビ(138pt)」、「新聞(119pt)」となり、意外にも「地方自治体、役所からの説明(115pt)」は4位という結果になりました。まとめサイトなどWEBコンテンツが充実してきている中、自治体や役所からの説明よりもネット上で効率的に学びたいという人が増えているのかもしれません。

どのような方法で情報収集をしたいか
獲得pt(複数回答)
WEBコンテンツ
248
テレビ
138
新聞
119
地方自治体、役所からの説明
115
知人に教えてもらいたい
22
専門誌
21
ラジオ
18
その他
11
セミナー
6

「高還元率」が魅力な一方、利便性や景気対策としての評価には疑問の声も。

プレミアム商品券について良いと思っていることを調査したところ、全体の31.5%が「還元率がおよそ20%と高く、商品券を利用して買い物した方がお得だ(229pt)」と回答しました。次いで「家計の味方になりそうだ(121pt)」、「消費が促進され、景気が良くなりそうだ(115pt)」となり、その高い還元率と“購入価格以上のプレミアムが付くこと”に魅力を感じる人が多いようです。

プレミアム商品券について良いと思っていること
獲得pt(複数回答)
還元率がおよそ20%と高く、商品券を利用して買い物した方がお得だ
229
家計の味方になりそうだ
121
消費が促進され、景気が良くなりそうだ
115
地域経済の活性化につながりそうだ
93
良いと感じる部分は特にない
82
消費増税分をカバーできそうだ
42
インターネット予約ができるので便利だ
41
その他
5

一方、懸念点として最も多かったのは「一時的な消費増加で終わるのではないか(233pt)」で23.3%となりました。その他は「使用期限があること(157pt)」など、不便であることや抜本的な景気対策となっていないことへの懸念や、公平性に欠けるとの声も多く挙がりました。
「その他」を回答した人の意見としては「公務員を中心とした新たな利権や不正(40代・男性)」、「運用がうまくできるのか(50代・女性)」など、運用面への不安の声も上がりました。

(以下、主な意見)
  • ■長蛇の列ができて数分で売り切れた。小さな子供連れの人には買えないと思う(30代・女性)
  • ■購入できた人だけが得をし、プレミアム商品券の存在を知らない人や購入できなかった人には税負担だけがある(30代・男性)
  • ■販売日時が限られているため、一般的な会社員が購入するのは難しい(30代・男性)
 
プレミアム商品券について懸念していること
獲得pt(複数回答)
一時的な消費増加で終わるのではないか
233
使用期限があること
157
必需品への消費に回してしまった場合、結局「バラマキ」になってしまうのではないか
156
地元商店街ではなく大型チェーン店で使われるのではないか
138
商品券を使えるお店やサービスが不十分
120
プレミアム商品券を引き受けたお店に負担がかかってしまうのではないか(差額分が渡されるまでの期間、資金繰りに苦労してしまうのではないか)
70
商品券の仕組みや購入方法・使い方がわからない
45
商品券を持ち歩くのが面倒だ
44
懸念は特にない
21
その他
18

使い道トップは「食料品」次いで「衣料品」と、生活費への利用を考える人が多数。

プレミアム商品券を使うとしたらどのようなものを購入したいか調査したところ、1位は「商品:食料品(288pt)」で23.9%、次いで「商品:衣類(137 pt)」が11.4%となりました。3位には少し高価な「商品:家電製品」がランクインしましたが、全体的に日常の生活費への利用を検討する人が多いようです。

プレミアム商品券で何を購入したいか(上位回答のみ)
獲得pt(複数回答)
商品:食料品
288
商品:衣類
137
商品:家電製品
133
サービス:飲食
130
商品:本・雑貨・CD/DVD
112
商品:医薬・医療品
69
サービス:趣味・娯楽
58
商品:家具・インテリア
55
サービス:旅行
55
サービス:医療・健康
30

一方で、プレミアム商品券が家計や消費行動に影響を与えるかという質問に対し「そう思う」と回答した人は4割に留まりました。「額面以下だとおつりが出ないので、計画的に使わないといけないのが少し面倒に感じる(40代・男性)」「インターネットでの買い物が多いので、興味がない(40代・女性)」などの意見もあり、不便さを感じている人も多いのかもしれません。
なお、同回答は未婚者では36.8%、既婚者では48.9%と、家庭を持つ人の方がよりその恩恵を感じているようです。

来年も続けてほしい人は6割近くなるも、その意義が問われる。WEBコンテンツでの訴求がカギ?

プレミアム商品券を来年も続けてほしいかどうか調査したところ、6割の人が「続けてほしい」と回答しました。しかし、「プレミアム商品券があなたの居住地域の活性化に寄与すると思うか」という質問に対しては、「そう思う」と「そう思わない」と回答した人は半々で、制度の継続意義が問われるような結果となりました。WEBコンテンツで積極的に周知したり、販売方法を変えるなどの対策をすることで、今後のプレミアム商品券に対する印象は変わってくるのかもしれません。

Harmoney.jpは今後も、お金・生活に役立つ調査結果やその他の情報を発信して参ります。

■Harmoney.jpの過去のアンケート調査結果はこちら
 
本件に関するお問い合わせ先
株式会社マネースクウェア・ジャパン Harmoney.jp運営事務局 担当:宮城、杉野原


【Harmoney.jpについて URL:http://www.harmoney.jp/
Harmoney.jpは「お金」について楽しく、しっかりと学びたい人のための資産運用ポータルサイトです。様々なお金事情について、皆さまが「知りたい!」と思うこと、「みんなはどう思っているのだろう?」といったことにアプローチし、FXのみに限らない様々な“お金”に関する情報を発信いたします。

【運営会社:株式会社マネースクウェア・ジャパン(M2J)について】
2002年の創業来、「マネーゲームではない、資産運用としてのFX」をコンセプトに、外国為替証拠金取引(FX取引)における独自の商品・サービスを提供しています。社名の「マネースクウェア」という言葉には、「お客様の資産をスクウェア=2乗にも3乗にも増やしていただきたい」そして「投資家の方々が集まるスクウェア=広場でありたい」という想いが込められております。その実現に向けて、どの金融機関よりも高い規律を持ち、挑戦を続けていきます。マネーゲームから、人生に可能性をもたらす「資産運用」へ。私たちは、人とお金の新しい関係をつくりたいと思っています。
U  R  L  :http://www.m2j.co.jp/
会社名   :株式会社マネースクウェア・ジャパン(MONEY SQUARE JAPAN, INC.)
本社  :東京都港区赤坂9丁目7番1号 ミッドタウン・タワー TEL(03)3470-5050 FAX(03)3470-5053
代表者 :代表取締役社長  相葉 斉
設立  :平成26年5月20日
資本金 :1,700,000千円(平成26年10月1日現在)
事業概要:第一種金融商品取引業(主に外国為替証拠金取引(FX取引)業)

enlightened会員限定アンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!
Harmoney.jpで“できること” ?

コメントを書く

 

利用規約プライバシーポリシーを確認し、同意の上で投稿してください。

お金に関するアンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!

会員登録(無料)

Harmoney.jpとは?