閉じる

会員登録(無料)

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト

ニュース×お金

Harmoney編集部Harmoney編集部

2014.10.20

投資家の約3割はスマホアプリを利用! スマホアプリを利用した株・FX取引のコツや注意点は?

昨今、20代、30代の若年層投資家を中心に、スマホアプリなどを利用した「スマホによる株式・FX投資」が増加傾向にあるといわれています。そこで今回は、資産運用している投資家のみなさんを対象に、スマホアプリの利用状況や、PCとスマホの使い分けなどについて実態調査を実施しました。あなたの資産運用にも使える技が見つかるかも!?

株・FX取引における投資の際のスマホアプリ利用状況は?

株・FX取引における投資の際のスマホアプリ利用状況は?資産運用をしている20代〜50代の投資家、2014名に質問したところ、投資の際に「スマホアプリを利用している」と回答した人は全体の3割程度との結果に。ツールとして活用することは、まだまだ浸透していない状況と言えそうです。

 

スマホアプリの利用シーンは?

スマホアプリの利用シーンは?

それでは、投資の際にスマホアプリを利用している人は、どんな時にスマホアプリを活用しているのでしょうか。スマホアプリを利用して投資を行っている400名を対象に調査したところ、20代は「出勤前の朝の時間」を利用してスマホで投資する人が5割以上との結果に。他の世代の利用率が3割程度であることに比べると、かなり多いと言えそうです。また、30代では「ランチタイム」に利用するとの回答が5割以上と最も多い結果になりましたが、こちらはどの世代も約半数が利用していました。40代は「通勤時間」、50代は「勤務中の休憩時間」に利用している人が最も多く、世代ごとに利用するタイミングに若干の違いが見られました。

【利用シーン別】スマホアプリは平均どのくらい使用している?

【利用シーン別】スマホアプリは平均どのくらい使用している?

スマホアプリの利用シーン別に利用時間数を追ってみると、30代は他の世代に比べ、通勤時間や、勤務の合間の隙間時間などを活用した昼間の時間帯の利用が多いことがわかりました。通勤時間の利用が「60分」と答える人も多く、自宅から会社までの移動時間が長い人が使っているようです。一方、50代は、「帰宅後のリラックスタイム」の利用時間数が多く、自宅に戻ってからにゆっくり利用することが多いと見られます。全世代で利用者の多い「ランチタイム」には、最短で「3分」(38歳/会社経営者)との回答もありましたが、全体的には「30分」と回答する人が多く見られました。

投資にスマホアプリを利用する理由は?

株式投資の際にアプリを利用する理由として、「細かい取引ができる。取引スピードが速い」(43歳/公務員)「板情報からのスピード注文機能が魅力」(36歳/専業主婦)「口座から簡単に購入でき、売却時にも自分の口座に自動的に振り込んでくれる」(50才/会社員)など、売買における機能性の高さをポイントにしているコメントが見られます。その一方「現在値、チャート、ニュースがわかる」(44歳/正社員)「手軽に株式の状況を確認できること」(28歳/正社員)「チャートが豊富」(58歳/正社員)「株主優待情報、四季報など、様々な情報が得られる」(22歳/アルバイト)などの回答もあり、情報収集面での魅力を挙げる声も目立ちました。

次にFXトレードの際にアプリを利用する理由として、「投資対象のお勧めにすぐいける」(29歳/自営業)「管理しやすい」(39歳/会社員)「口座を持っていなくても無料で使える」(25歳/会社員)など、シンプルで使いやすい機能を評価する声が見られました。またその他には「デモトレードがあるので、システムを熟知したうえで始められる」(55歳/会社員)「素人にも扱いやすい」(32歳/会社員)など、アプリ初心者でも安心してすぐに使えるところをポイントにしているよう人もいるようです。

投資に関する情報はどうやって収集している?

投資に関する情報はどうやって収集している?

スマホアプリを利用して投資を行っている400名を対象に調査したところ、世代を問わず、アプリを利用している9割以上の投資家が「インターネットサイト」を情報収集源として活用していました。また次いで、400名のうち5割近くの人が「新聞」と回答しており、特に50代においては6割近くが活用しているという結果に。一方、スマホアプリを利用して投資を行っている人でも、情報収集のツールとして「携帯、スマホのアプリ」を利用している人は全体の2割以下と少ないようです。

多様なデバイス、どう使い分けている?

多様なデバイス、どう使い分けている?

投資の際、スマホとPC、携帯電話、タブレットなどのデバイスをどう使い分けているのか質問したところ、スマホ以外のデバイスではほぼ全員がPCを利用していました。「じっくりと銘柄選定をPCで検討・登録したうえで、タイミングに合わせて移動時間中にスマホで購入する」(50歳/会社員)「自宅にいる時はPCのほうが大きい画面で見やすい。スマホは外出する時などに利用」(27歳/会社員)などの回答が。じっくりと分析や比較検討をする場合にはPCで行い、移動時にスマホを活用しているケースがほとんどのようです。また、「重要な取引をする時は、CPUの処理が早いタブレットを使う」(24歳/会社員)「スマホの電源が切れた時に携帯を使う」(36歳/会社員)などの意見もありました。

スマホアプリを利用した投資のコツ・注意点は?

スマホアプリを利用した投資のコツ・注意点は?

スマホアプリを利用している多くの投資家は、「押し間違え」「通信の不安定さ」に注意が必要だと回答しています。「マイページを整理して見やすくしておく」(35歳/会社員)「間違いなく操作するためタッチペンを使用する」(55歳/自営業)などで自分流に工夫している人もいました。
外出先などでも、リアルタイムでスピーディーに投資ができることが大きなポイントと考えている投資家は多くいましたが、その一方で冷静さを失わないことが大事だとのコメントも多数ありました。対策としては、「新しい銘柄には使わない。あらかじめアプリに登録してある銘柄だけで運用する」(43歳/会社員)「急な相場では使わない」(39歳/会社員)などの回答が。
さらに、「セキュリティの強化が必要」(31歳/会社員)「パスワード省略中の誤発注に気をつける」(53歳/公務員)「更新がリアルタイムでないことがあるので注意する」(22歳/アルバイト)「充電だけはしっかりすること」(38歳/正社員)などの注意点もありました。

まとめ

スマホアプリを使用した投資は、投資家全体の中ではまだまだ浸透していないものの、出先での情報収集や状況確認、そしてタイムリーな売買のために活用している投資家も多数いました。PCとの使い分けや、細かい設定などで工夫をすれば、タイミングを逃さずに賢く投資をするための強い味方になってくれると言えそうです。投資家たちのリアルなコメントを参考に、便利な投資ツールのひとつとしてあなたも活用してみてはいかが?

コメントを書く

 

利用規約プライバシーポリシーを確認し、同意の上で投稿してください。

お金に関するアンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!

会員登録(無料)

Harmoney.jpとは?