閉じる

会員登録(無料)

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト

ニュース×お金

Harmoney編集部Harmoney編集部

2014.09.22

【職場の冠婚葬祭マナー】あげるならどっち?関西ではプレゼントより現金志向!?

社会人なら必ず知っておきたい常識のひとつが「冠婚葬祭」にまつわるお金のマナー。いざというとき、「どんな対応をすればいいの?」と慌てないためにも、ビジネスシーンでの冠婚葬祭にかかる費用の相場や、出産祝いや病気見舞い等々、職場で習慣化されているお付き合い費について実態調査してみました。あなたのお金のマナー、もしかしたら世の中とズレているかも!?

職場の関係者の「結婚式のご祝儀」「葬式のお香典」、それぞれ目安は?

職場の関係者の「結婚式のご祝儀」「葬式のお香典」、それぞれ目安は?

結婚式に出席した場合、ご祝儀の平均相場(中央値)は、「3万円」という結果に。上司、部下、同僚など、相手の立場に関係なく、すべて全体の7割近くの人が「3万円」と回答しています。一方、葬儀に参列した場合のお香典の平均相場(中央値)は「5千円」でした。上司、同僚、部下などの近い関係性の場合と、社員の家族や取引先の場合とでは、若干の差はあったものの、全体の4〜5割が「5千円」が妥当であると考えているようです。どちらも年代やエリアによる違いは見られず、ご祝儀、お香典の相場感覚は多くの人に共通していました。

職場でのお付き合いにおけるお金のマナーって?

東西で比較!「あなたの職場ではどんなお付き合い習慣がありますか?」

関東・関西のエリア別に見る職場のお付き合い習慣については、どちらも1位は「結婚祝い(出席できない場合)」、2位は「出産祝い」、3位は「退職祝い」との結果になりました。東西の習慣の違いについては、「結婚祝い」では関西エリアのほうが1割程度多く習慣があるという差が出ましたが、逆に「誕生日祝い」については関東エリアのほうが1割程度多い結果となりました。人生の一大イベントである結婚と、毎年やってくる誕生日。関東・関西で、それぞれとらえ方に若干の違いがあるようです。

東西で比較!「職場のお付き合いとして贈っているものTOP3」

エリアを問わず、お付き合い習慣の上位となった「結婚祝い」「出産祝い」「退職祝い」ですが、関東と関西でそれぞれ贈るものに違いがあるようです。結婚祝いについては、どちらも1位は「現金」でしたが、2位は関東が「キッチングッズ・食器」、関西では「商品券」、3位は回答が逆転するという結果に。
また、出産祝いについては、東西ともに1位は「現金」、2位は「洋服(ベビー服など)」、3位は「商品券」と回答しています。さらに、退職祝いでは、関東の1位は「花・観葉植物」ですが、関西では「現金」となっており、2位は回答が逆転、そして3位は共通して「商品券」という結果に。
全体的に、「現金」「商品券」を贈るケースが多いようですが、関西ではその傾向がより顕著に出ています。逆に、関東では「現金」「商品券」の割合が関西よりも低く、それぞれの祝い事に合わせて商品を選ぶ傾向にありました。先立つものが何より大事と考えるか、自分で選んであげたいと思うか、エリアによってその感覚は違うようです。

職場におけるお付き合い費の相場(中央値)最も大きな金額を贈るのは、結婚、入学、卒業・就職、新築のお祝いで「1万円」でした。人生の大きな門出となるタイミングには、それ相応の金額を支払うことがマナーとなっているようです。また、出産、昇進、退職のお祝いと病気見舞いについては「5千円」、誕生日、転勤・移動のお祝いは「3千円」が相場となっています。全体的には、最低でも3千円、最高でも1万円程度のものを贈ることが相場のようです。金額の幅はあれど、「相手に失礼にならず、かつ、受け取りにくくない程度の金額」を考慮していると言えそうです。

お祝い・お見舞いをもらった時の「お返し」のマナーとは?

すべての項目において、全体の5割〜9割が「お返しをする」と回答しています。もらう機会が何であれ、基本的には「お返しをする」ことが常識となっているようです。特に、「結婚祝い」「出産祝い」「病気見舞い」を受け取った場合、実に8割以上もの人が「お返しをする」と回答しています。この3つは職場のお付き合いにおける「お返し必須項目」と言えそうです。 逆に、最も「お返しをする」という回答率が低かったのが「転勤・異動祝い」、次いで低かったのは「昇進祝い」となっています。ライフイベントではなく、仕事の延長上の出来事という認識があるからなのかもしれません。また、全体的には、関西よりも関東のほうが「お返しをする」と回答する率が若干上回る結果となりました。

職場のお付き合い習慣、どう思う?それでは、職場での様々なお付き合い習慣について、みなさん、どう思っているのでしょうか。調査の結果、「必要だと思う」「どちらかといえば必要だと思う」という肯定的な回答が50.5%となり、わずかに否定派を上回りました。とはいえ、その差は0.5%で、「必要派」と「無くてもいい派」は、ほぼ同率。職場に根付いたお付き合い習慣については、一長一短あるものだと言えそうです。

 

まとめ

職場における様々なお付き合いの習慣、「出費が痛い」「いちいち面倒」と思う人も少なくはないようですが、人間関係を円滑にするためにも必要なものと言えそうです。どちらにしても、自分が祝われたり、気遣われたりすることは、やはりうれしいものですし、相手に感謝や祝福の気持ちを示せば、より親交を深められるもの。贈る、贈らないは自分次第と言えますが、人間関係をスムーズにする機会と考えてみるのもいいかもしれません。

<調査概要>
■調査タイトル 冠婚葬祭についてのアンケート
■調査期間 2014年8月18日~8月20日
■調査方法 インターネットリサーチ
■調査地域 関東1都3県、関西2府2県在住の20歳~59歳男女
■有効回答数 400サンプル

コメントを書く

 

利用規約プライバシーポリシーを確認し、同意の上で投稿してください。

お金に関するアンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!

会員登録(無料)

Harmoney.jpとは?