閉じる

会員登録(無料)

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト

資産運用×お金

Harmoney編集部Harmoney編集部

2015.07.10

主婦憧れの株主優待生活を送るためのおすすめ銘柄10選

主婦憧れの株主優待生活を送るためのおすすめ銘柄10選 毎日の買い物、化粧品、家族・友人との食事といった身近なシーンでも株主優待が使える銘柄があります。主婦が日常生活でお得度を感じやすい、おすすめ株主優待を10銘柄紹介します。

①スーパー系  イオン<8267>

  • 投資金額:175,150円(2015年7月3日終値) 
  • 配当利回り:1.59%
  • 優待内容:保有株式に応じたキャッシュバック(3~7%)

 スーパーの優待といえば、昨年末に上場廃止になったダイエーが1万円台の投資でお買い上げ額から5%の割引を得ることができ、非常にお得な優待として有名でした。現在ではダイエーを子会社にしたイオンが、スーパーの中では最もお得で使いやすい優待制度を実施しています。

 100株以上の株主に対し、2月末と8月末の年2回半年間のイオングループでの買い物キャッシュバックできるオーナーズカードがもらえます。このカードを買い物の際に提示することで、3%から7%(保有株式が100株以上~500株未満は3%、3,000株以上は7%)のキャッシュバックを半年毎にもらえます。更に、イオンラウンジが使用でき、3年以上かつ1,000株以上の株主であれば、イオンギフトカードももらえます。

②スーパー系  ユニーグループHD<8270>

  • 投資金額:79,500円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:2.53%
  • 優待内容:自社商品券又はプライベートブランド商品詰め合わせ

 中部地方を中心に展開するスーパー「アピタ」「ピアゴ」。そしてコンビニエンスストアの「サークルKサンクス」の経営会社ユニーグループHDも株式優待を行っています。2月末日に100株以上の株式を保有していれば、自社商品券(100株以上で1,000円、1,000株以上で3,000円)又は同額相当のプライベートブランド商品詰め合わせとなり、イオンと比べるとお得度では劣ります。

 しかし、投資金額が8万円弱と、イオンの半分未満です。更に、配当利回りが2.53 %と東証上場企業の平均約1.5%を大きく上回ります。普段「アピタ」「ピアゴ」「サークルKサンクス」をよく利用するのであれば、株式購入は検討に値するでしょう。

③日用品ショップ系  キャンドゥ<2698>

  • 投資金額:154,500円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:0.97%
  • 優待内容:自社商品優待券(100円+税x20枚)

 日用品・雑貨では100円ショップ大手のキャンドゥに使いやすくてお得な優待制度があります。11月末に100株以上保有している株主に対して、100円ショップで使える自社商品優待券が20枚贈呈されます。100円単位から優待券を使用できるので、キャンドゥで買い物をするのであればお薦めの優待です。

④ドラッグストア系  マツモトキヨシ<3088>

  • 投資金額:570,000円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:1.25%
  • 優待内容:自社店舗で使える商品券(2,000円~5,000円)

 ドラッグストアの最大手、マツモトキヨシにも株主優待があります。3月末と9月末の2回、100株以上の株主を保有している場合、グループ店舗で利用可能な優待券をもらえます。金額は保有株式数で異なり、100株以上~500株未満の株主は2,000円分(500円x4)。500株以上~1,000株未満の株主は3,000円分。1,000株以上の保有株主は5,0000円分の優待券がもらえます。

⑤百貨店系  三越伊勢丹HD<3099>

  • 投資金額:231,800円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:0.48%
  • 優待内容:買い物10%割引、施設割引および有料催事の無料入場が可能な株主優待カード進呈

 百貨店の株主優待は割引%が大きいため、頻繁に百貨店で買い物をする場合は大きなメリットがあります。例えば、3月末と9月末に100株以上保有する株主に対し、10%の割引を受けることができます。100株保有の場合の利用限度額は15万円ですので、最大1万円5,000円の優待を半年で受けられます。また、300株以上保有かつ2年以上株式を保有する場合は、利用限度額が2倍になります。

⑥百貨店系  高島屋<8233>

  • 投資金額:1,128,000円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:0.90%
  • 優待内容:買い物10%割引、施設割引および有料催事の無料入場が可能な株主優待カード進呈

 高島屋も三越伊勢丹HDと同じく、2月末又は8月末に1,000株以上保有の株主に対し買い物額が10%割引になる優待カードを進呈しています。利用限度額がないので、百貨店での買い物額が多ければ多いほど三越伊勢丹HDよりお得度が高い優待です。

⑦化粧品系  ポーラオルビスHD<4927>

  • 投資金額:735,000円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:2.04%
  • 優待内容:自社商品と交換できるポイント進呈(6,000円~12,000円相当)

 化粧品にも株式優待が使える企業がポーラオルビスHDです。12月末に100株以上保有している株主に対して、1ポイント=100円相当の自社商品と今回できるポイントを株主優待として進呈しています。同企業では長期株主を優遇しており、優待も3年以上株式を保有している株主であれば、ポイント数が増加(仮に100株保有であれば、3年未満は60ポイント付与に対し、3年以上であれば80ポイント付与)するようになっています。

⑧化粧品系  コーセー<4922>

  • 投資金額:1,055,000円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:0.72%
  • 優待内容:自社商品進呈(4,000円~5,000円相当)

 コーセーの株主優待は、3月末に100株以上保有している株主に対して自社製品セットを贈呈しています。保有株主数によって製品内容が異なり、100株以上1,000株未満であれば4,000円~5,000円相当。1,000株以上であれば7,000円~10,000円相当の製品となります。

⑨ファミレス系  すかいらーく<3197>

  • 投資金額:162,000円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:1.85%
  • 優待内容:優待食事券一律2,000円分

 家族や主婦同士で訪れる機会が多いファミリーレストランも株主優待を行っています。例えば、昨年再上場したすかいーらくは12月末に100株以上保有の株主に対して、自社レストランで使用可能な優待食事券を2,000円分進呈しています。保有株数が最低保有単位の100株でも2,000円分の優待を受けられるのが、同社の特徴です。

⑩ファミレス系 ロイヤルHD<8179>

  • 投資金額:208,900円(2015年7月3日終値)
  • 配当利回り:0.76%
  • 優待内容:優待食事券(500円~12,000円)

 ロイヤルホストやシズラーを運営するロイヤルHDも株主優待があります。6月末と12月末に100株以上保有している株主に対し、500円の優待食事券を付与しています。優待食事券の枚数ですが、100株以上では1枚、500株では10枚、1,000株以上で24枚と、保有株数が多い株主が優遇されるようになっています。

 近年では、株主優待制度を実施する企業が増えてきています。この機会に、株主優待の内容を参考に投資銘柄を探してみてはいかがでしょうか。

※当記事は、金融商品一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

enlightened会員限定アンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!
Harmoney.jpで“できること” ▶
情報提供者プロフィール:押田 裕太(おしだ ゆうた)
ZUU online編集部マネージャー。
大和証券株式会社にて富裕層の資産コンサルティングに従事していた経験から、株式相場を始めとする金融経済全般の情報を読者に提供。またYahoo!株価予想では「投資の達人」として、複数の銘柄を束ねて解説するテーマ株や業種トレンドなど、投資に役立つ情報をコラムとして紹介している。

コメントを書く

 

利用規約プライバシーポリシーを確認し、同意の上で投稿してください。

お金に関するアンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!

会員登録(無料)

Harmoney.jpとは?