閉じる

会員登録(無料)

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト

資産運用×お金

カツセマサヒコ+プレスラボカツセマサヒコ+プレスラボ

2014.11.12

やっている人に聞いてみた! 500円玉貯金で貯金箱をいっぱいにするコツ

500円玉貯金500円玉貯金は、ゲーム感覚で手軽にできる貯蓄のひとつです。しかし、実際は貯金箱にお金を貯めるのが苦手な人は少なくなさそうです。そこで、実際に500円玉貯金に挑戦し、数々の貯金箱をいっぱいにしてきた人たちに、貯金箱を貯めるコツを聞いてみました。

貯金のきっかけは、意外に適当

Q: 500円玉貯金を始めようとしたきっかけは何ですか?

「もしものときに備えて、気休めになる程度の貯金・お小遣いが欲しかったからだったかと……。特に何か買いたい・やりたいと思って始めたのではありません」(女性・27歳・IT)

「100円ショップで『500円玉で10万円たまる貯金箱』を見かけて、ほんとに貯まるのかなーと、軽い気持ちで」(女性・30歳・IT)

「100円ショップで貯金箱を見つけ、なぜかやる気スイッチが入ったため。あと、達成すればネタになると思ったから」(男性・31歳・物流)

何か買いたいものがあって貯金を始めるのかと思ったら、皆さんきっかけは意外と適当なんですね。あまり意気込まないくらいのほうがうまくいくものなのでしょうか。なかには「母が同じような方法で貯金をしていたから」(女性・29歳・家電)と、他人にならった声もありました。

500円玉が手に入ったら、絶対使わない!

Q:どのようなタイミングで貯金箱にお金を移していますか?

「毎晩寝る前に、小銭入れから500円玉だけ抜いて、貯金箱へ入れています」(男性・45歳・レコード会社)

「500円玉を手に入れた際には絶対に使わず、その日のうちに全て貯金箱に移していました」(女性・29歳・家電)

「一日の終わりに500円玉が財布にあれば、貯金箱へ移すぐらいです」(女性・27歳・IT)

「家に帰ったら500円玉を貯金箱に入れるだけ」というシンプルな回答が多数。なかには「週に1回、領収書を整理しているときですかね」(男性・28歳・福祉)といったゆるめな回答もありました。まずは意識しておつりの500円玉は使わないようにすることがキモのようです。

1年で15~20万円も貯まる

Q:一番多く貯めた金額と、貯金の期間を教えてください。

「毎年、誕生日に銀行に持っていくので、1年に1回ですね。ボウリングのピン型(実物大)の貯金箱に貯めているのですが、かなり大きいので一杯になったことはないです。 最大で15万~20万くらいは貯まった記憶があります」(男性・45歳・レコード会社)

「市販の10万円貯金箱1つ分で、ちょうど1年で10万円くらい貯まりました」(女性・29歳・家電)

「500円玉で10万円貯まる貯金箱二つ分(20万円分)を、2回貯めたことがあります。1回目は16万3,000円で、2回目は14万5,000円です。1回目は5年くらいで、2回目は4年くらいで貯まりました」(女性・30歳・IT)

10万円超えの声が多数聞かれました。10万円というと、500円玉が200枚!1年間で貯めるには2日に1回以上のペースで貯金しなければいけません…。どれだけ500円玉の確保に必死になればいいのでしょうか。2日に1回以上と考えると心が折れそうですが、続けていればいつかは貯まります!

強引に500円玉を作り出すテクニック

Q:貯金に関するエピソードがあれば教えてください。

「私が500円玉貯金をしていることを知っている友人は、私にお金を渡す際は100円玉を5枚ではなく500円玉を1枚にしようと調整してくれます」(女性・27歳・IT)

「近所に100円玉を5枚入れて返却レバーをひくと500円玉で返ってくる自販機を発見し、帰宅前に必ず寄っていました。あと、本当に貯金にハマっていたころは、会社の後輩から500円玉2枚を1100円で買い取っていました(笑)」(男性・45歳・レコード会社)

貯金にハマりすぎると、周りの人さえも巻き込みだすみたいですね。執着しすぎて少し怖いぐらいに思えます。

ほかにも、「10万円分貯まった貯金箱という鈍器を足の上に落として、その重さを言葉通り痛感しました(笑)」(29歳・女性・家電)という痛々しいエピソードや、「給料日まであと10日もあるのに貯金がなくなってしまい、泣く泣く貯金箱の500円を使ったときはかなりの挫折感を味わいました……」(男性・28歳・福祉)といった挫折エピソードも聞けました。

財布に入っている500円玉を貯金箱に移すだけでできる500円玉貯金。あるタイミングからは貯金が快感になっていくようですので、面倒は最初の辛抱と思って頑張ってみるのが正解なのかもしれませんね。でも、500円玉を手に入れるために異常な労力をつかうほどハマりたくはないかも……?無理なくできる範囲で継続して、気づいた時に“あっ!こんなに貯まってたんだ!”と思えるくらいがちょうど良いかもしれませんね。

500円を積み重ねるトラリピ
(マネースクウェア・ジャパンのサイトが開きます。)

コメントを書く

 

利用規約プライバシーポリシーを確認し、同意の上で投稿してください。

お金に関するアンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!

会員登録(無料)

Harmoney.jpとは?