閉じる

会員登録(無料)

「お金」を学べる。いちばん身近な資産運用ポータルサイト

資産運用×お金

カツセマサヒコ+プレスラボカツセマサヒコ+プレスラボ

2014.08.08

食費=1日300円!手取り22万円でも毎年海外旅行に行ける方法とは!?

みんなの100万円貯金術【vol.2/3】

女性お名前:Rさん
お住まい:東京都世田谷区
年齢:26歳
性別:女性
職業:IT関係
住み方:独身ひとり暮らし

 

東京都世田谷区にお住まいのRさん。趣味である海外旅行のため、2年ほど前から節約生活を始めたそうですが、その徹底ぶりは見事なもの。食費や光熱費、交通費などを削減し、たった8ヵ月で100万円近く貯金をすることに成功したそうです。Rさんに、具体的にどんな節約を行ったのかを聞いてみました。

~Rさんの1ヶ月の家計簿~

収入   22万円
支出 家賃 66,000円
  食費 9,000円
  光熱費 6,000円
  交際費 10,000円
  通信費 ※携帯代は会社持ち
  交通費 2,000円
  被服、美容 1,000円
貯金   月々126,000円
  

節約ポイント

1.スーパーの特売日を把握し、食費を1日300円におさえる
2.遊ぶときは自宅で鍋やたこ焼きパーティなどをして、交際費を削減する
3.洋服は着まわせるものを海外旅行先で買う

ポイント1 スーパーの特売日を狙って、徹底的な食費削減!

食費は300円1日の食費が300円(!)というRさん。300円に抑える秘訣は、自宅の近所に複数あるスーパーの特売日をすべて把握し、それぞれの店で安くなったものだけを買っていること。 肉は特売日にまとめ買いし、冷凍保存。魚は夕方以降のタイムセールに購入するそうです。
また、調理法も、電気代を節約するために一度にまとめて作ったり、電子レンジを使わずに自然解凍で済む方法を選んだりと、食費だけでなく光熱費にまで配慮した作り方を実践しています。

 

晩御飯「外食も極力減らして、お昼も必ずお弁当にしていたら、1日300円で済むようになりました。献立は、例えばもやし(一食分19円)のナムルや、豆腐(一食分30円)と鶏肉(一食分100円)の炒め物など。余ったら翌日のお弁当に回しています」(Rさん)

この日の晩御飯は、蒸し野菜(25円)と豚しゃぶ(100円)、豆腐(30円)、ネギとしめじのお味噌汁(25円)。一食分約180円。
なお、「ネギとビールは先日のたこ焼きパーティで余ったもの」(Rさん)

 

ポイント2 外食を減らしてホームパーティを開く!

たこ焼きパーティーどうしても支出が膨らみがちなのが交際費。Rさんが実践したのは、外での飲みを家飲みに変えるというもの。外だと3,500円以上はかかる飲み代も、家飲みだと1,000円前後に抑えられるのだとか。

今では、「飲み会といえばRさんの自宅」と、友人たちの間で定着したそう。季節ごとに、鍋やたこ焼きパーティが開催されているようです。

「ホームパーティにすると外食より安く済む上、居酒屋のような時間制限もなく、眠たくなったらそのまま眠れるなど、いいことづくめ。また、余った食材もそのままもらえることが多いので、よく提案しています(笑)」(Rさん)

 

ポイント3 オシャレを節約 洋服の購入は海外で!

洋服は海外で購入洋服は日本では買わずに、海外旅行の際に旅先でまとめて購入。日本ではあまり売っていないデザインのものが、安く手に入ることが多いのだそうです。その際、結婚式にお呼ばれした際に使えそうなドレスも購入するのだとか。

また、街中でカットモデルの声がかかった際は、必ずお願いするそう。カットしたくなったら、おしゃれをして街中を歩くと、声をかけられる頻度が上がるそうです。

「節約生活のせいでダサい恰好をするのは嫌でした。このやり方だと、オシャレをある程度我慢せずに節約できていると思います」(Rさん)。

左から、韓国で購入したチュニック(約1,000円)とトルコで購入したワンピース(1,500円)

 

食費をはじめ、徹底的に固定費を削減しているRさん。その努力によって、年2~3回の海外旅行を実現できているそう。苦しいイメージが持たれがちな節約生活も、「こんなところに行きたい! 」という前向きな目標や、「友人を巻き込んでイベントにしてしまおう! 」というアイデアがあれば、楽しいものに変えられるのかもしれませんね。

 

コメントを書く

 

利用規約プライバシーポリシーを確認し、同意の上で投稿してください。

お金に関するアンケートやFXバーチャルコンテストに参加して賞品をゲットしよう!

会員登録(無料)

Harmoney.jpとは?